株式譲渡について知っておこう|困ったら専門家に相談

  1. ホーム
  2. 事業を譲りたい

事業を譲りたい

メンズ

譲るメリット

株式譲渡の例として、会社の経営者が引退する際に、その経営権を息子や娘などの親族に譲る場合があります。また、親族ではなく、合併などで第三者に譲るケースもあります。第三者に株式を譲る場合は、ほかの会社と合併して会社を大きくすることが可能です。株式をより多く持っている人が、その会社の取締役となるため、株式を譲渡することで経営権を引き継ぐことができます。経営権の引継ぎと同時に、会社の資産なども親族や第三者に引き渡すことができます。第三者に株式を譲る場合は、株式を売却すれば、会社を引き継ぐ側の企業に資金が入るというメリットがあります。その場合は、会社を引き継ぐ側の企業が株式を入手した時点で、合併は成立します。株式譲渡は、譲渡先と契約を行うことで成立します。ただし、契約する際には、不適切な第三者に株式が渡ったり、不当な会社の乗っ取りなどを避けるために、会社の承認を受けなければ株式譲渡できないような仕組みになっています。株式譲渡の承認は、会社の取締役会や株主総会などが行っています。株式譲渡を行うためには、会社の取締役会や株主総会などに承認請求を出して認められてから、正式な株式譲渡の手続きを行うことが可能になります。株式譲渡が承認された後は、株主が代わりますから、株主名簿の書き換えを行わなければなりません。なお、株主名簿の書き換えについても、取締役会や株主総会の承認がいります。株主名簿の書き換えが終了すれば、株式譲渡は成立します。