株式譲渡について知っておこう|困ったら専門家に相談

  1. ホーム
  2. 会社の売却と株式

会社の売却と株式

握手

取引方法と注意点

自分の会社を売りたいオーナーが、持っている株式を買い手に引き渡すことで、その会社の経営権を買い手に譲渡することを株式譲渡といいます。中小企業における買収や合併では、よく実施される手法です。お互いが取り決めた株式譲渡に関する契約書を結ぶと、売り手に対して支払いを行います。その次に、株式名簿の変更を実施すれば、株式譲渡は完了します。M&Aには多くの買収方法が存在しますが、財務内容が良好で、トップがほとんどの株式を持っているケースでは、株式譲渡が得策です。それは会社の名前や契約関係などの引継ぎがそのまま行えるからです。近年では大半の中小企業が株券の発行をしていません。株券の発行の代替として、株主名簿上に株主として登録されています。もともと株券を発行している会社でないため、買い手に株式を譲り渡す際には、株券を交付が不可欠ではないのです。売買相手の意思のみによって、効力が生じるのが株式譲渡の特徴です。しかし、株式を売る会社の承認がないケースでは、お互いの譲渡契約のみでは不十分なので注意が必要です。そして売り手の承認を得てお互いに株式譲渡が完了した場合でも重要なことが残っています。それは、その後に株式名簿の名義を変更しなければ、買い手は株主としての立場を名言できないのです。株券を発行していない会社では、株主かどうかは株主名簿に記載されたかを評価するからです。そのため株式譲渡が済んだら、名義の書き換えが非常に重要になります。