株式譲渡について知っておこう|困ったら専門家に相談

メンズ

事業を譲りたい

株式譲渡を行うには、正式な手続きが必要になります。事業を譲るメリットですが、会社の経営権を自分の息子や娘などの親族に譲って、会社の事業を引き継がせることができます。また、第三者に譲る場合は、ほかの会社と合併するなどして会社を大きくすることができます。

握手

会社の売却と株式

会社を売却したいトップと、買い手との間で株式の取引を行い、経営権を譲り渡す方法を株式売却といいます。トップが株の大半を保有している場合は、スムーズに取引が行われることが多いです。また。株式譲渡では株式名簿の名義変更が重要になります。

ビル

会社売却と税金

会社売却には株式譲渡や事業譲渡などがあります。株式譲渡では売却益に20.315%の税金がかかります。事業譲渡には法人税と消費税の2種類の税金がかかります。そのため、税金の点からも会社売却の方法を考慮する必要はあります。

企業買収の基礎知識

女性

必要なプロセスとは

企業買収は、手っ取り早く会社の業績を伸ばすために用いられる手法です。しかし、そのためには入念な準備が欠かせません。いくつかの方法がありますが、一般的によく用いられるのは株式譲渡です。当然それには対価が発生するために株式の売買を伴うことが通常です。株式譲渡により企業を獲得するためには、まずターゲットとなる会社の選別を行う必要があります。むやみやたらと株式譲渡を行えばよいという訳ではなく、自社のビジネスとシナジーが見込まれる優良な会社を割安で獲得できる機会を探らなければなりません。まったく関係のない会社を買っても単なる株式投資にしかなりませんし、いくらよい会社でも高値掴みをしてしまうと効率の良い投資とはなりません。ターゲットが見つかれば、その会社と株式譲渡を巡って条件交渉に入ることになりますが、ライバルがいる場合にはまずは価格面で優位に立つ必要があります。ここで大事なことは自社の評価以上の高値で買うことは避けることです。オークション形式が採られることも多いですが、いかによい会社といっても評価に見合う価格でなければ取得すべきではありません。価格が折り合えば、デューディリジェンスと呼ばれる会社の精査を行ったうえで、株式譲渡契約の仔細を詰めていくことになります。一連のプロセスは専門的なことも多いため、弁護士や会計士などのサポートが欠かせない点に留意しておいた方がよいでしょう。思った以上の費用が掛かるのも株式譲渡による企業買収の特徴です。